個別指導塾の利点は中学生と講師との距離が短いこと

中学生にもなれば学業に真剣に取り組もうとする生徒も多く出てきます。それは来るべき高校受験の準備ということもありますし、その後の夢や希望を叶えるためという意味もあるでしょう。しかし、この年代ではまだ自分がどうやって効率良く勉強していけばいいのか分からないという人もけっして少なくありません。昔からこうした場合には学習塾へ通うという手段があります。

学習塾に通っていれば効果的な勉強方法が見つけられるし、学習カリキュラムに則って勉強していけば安心だと考えるわけです。確かにこの考え方は間違ってはいません。でも、各学習塾で採用されている学習カリキュラムというものはそれぞれ異なっているわけで、その生徒に適していないこともあります。たとえば、学習塾と言えばこれまで集団で授業を行うグループ指導がメインでした。

そして、最近では生徒数人に対して講師一人で行う個別指導塾というスタイルも多くなってきています。中学生にとってこのグループ指導塾と個別指導塾のどちらが適切かという問題がありますが、これはやはりその生徒の性格などから選ぶことが大切だと言えるでしょう。学習を進めて行く中で生徒が解からない部分が出てきた場合、グループ指導塾ではシャイな中学生なら他の生徒を気にしてしまい講師に質問できなかったりします。ところが個別指導塾ならば解らないところは気軽に講師に質問することができるわけです。

この講師と生徒のコミュニケーションが良好なところも個別指導塾の大きなメリットとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*