個別指導塾は中学生でスタートするのが最適な理由

学校外の学び方にはいろいろなスタイルがあります。家庭教師や塾、そして個別指導塾が代表的な3つの学び方ですが、もしあなたの子どもが中学生なら個別指導塾を始めるのに最適なタイミングです。今回はその理由を解説します。まず、中学生になると子どもは落ち着いてきます。

これが小学生だと椅子に座っているのもひと苦労です。個別指導塾は大人(または大学生)と子どもの二人体制で学びますが、小学生なら大人と二人きりというのは慣れない環境になるので学びに集中できないかもしれません。加えて、中学生は学習カリキュラムが難しくなる時期です。小学生の頃と比べると、学ぶ範囲は増えますし教科も増えますし、内容も難しくなります。

何よりハードルが突如高くなったと感じる子どもが多く、予習復習や定期テスト、期末テストといった新しい学習環境にもなかなか慣れません。そのため、この時期に落ちこぼれてしまう子は多いといいます。この時期に、一度、躓いてしまうと取り返すのは大変ですから個別指導のようなマンツーマン形式の学び方が向いているでしょう。家庭教師はどの先生に当たるかによって当たり外れがありますし、塾だと一斉に学ぶという形式上、苦手分野がそのままになる可能性もあります。

個別指導なら各教科で担当が変わる塾もありますし、先生との相性が悪ければ変更することも可能です。以上のことから、中学にあがる子どもがいれば個別指導は最適なタイミングといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*